SiteMap

法被を着てだんじり祭りを楽しむ

最近では、イベントなどの会場で法被を身につけている人が散見されるようになりました。特に小さなお子さんが、かわいらしい法被を着ている姿には心が和みます。法被の販売はインターネット販売を通じてオーダーメイドが出来るので、色々なシーンに合わせた法被をインターネット販売で購入し、イベントを楽しむことが出来ます。最近の法被はライトな面が目立っていますが、本来はお祭りなどで着られる伝統的なものです。
江戸時代には火消しが着用しており、現在でも消防団が身につけています。法被は「粋」と「正装」が入り混じった稀有なユニフォームなのです。法被を身につけた祭りの中で、一度は見てみたいというものに「だんじり祭り」があります。だんじり祭りは毎年9月に大阪の岸和田市で開催されるお祭りで、ニュースなどでよく報道されています。高さ4メートル、重さ4トンにもおよぶだんじりを、数十人の曳き手で町内を全力疾走する勇壮なお祭りです。
最大の見所は、速度がのっただんじりを方向転換させる「やりまわし」です。だんじりの曳行コースの曲がり角には、迫力ある場面を見ようと大勢の観客で溢れかえります。沢山の人たちが集まり、ちょっとした不注意が大事故を引き起こす可能性があります。そこで、参加する人たちは法被を着用することで、連帯意識を高め、事故を未然に防いでいるのです。法被は祭りの「正装」なのです。観客であっても法被を身につけることで、より祭りとの一体感を楽しめますよ。

日本人なら法被の着方はマスターしたい

お祭りや出初式、さらには野球の応援団やデパートでのセール時などに、参加者や主催者側が必ず着ているのが「法被(はっぴ)」です。法被はもともと日本の伝統衣装で、お祭りの時に着られるだけではなく、昔は職人さんも着用していました。法被は普通、腰丈程度の羽織のような形で、着ている人が住む町名などを襟の部分に入れる襟文字が特長となっています。この法被、意外と着方が分からないと思います。
普段の洋服の上にただ法被を羽織るだけではありません。本来ちゃんとしたスタイルがあるのです。まず下着として鯉口シャツと呼ばれるシャツをつけ、その上に法被を羽織り、帯を締めます。下半身は日本古来のズボンの一種である股引をはき、足元は地下足袋、或いは岡足袋に雪駄となります。そして法被を羽織る時に気を付けたいのが、襟です。必ず左の襟を上にします。
右利きの人が多いと思いますが、その右手が懐に入りやすいように襟を重ねる、と覚えておくと良いと思います。左襟が上ですが「右前」と呼ばれます。襟を逆に重ねると、死装束となってしまいますから、くれぐれも注意が必要です。また、帯は男性の帯の結び方で最もポピュラーな「貝ノ口」という結び方を覚えておけば、法被だけでなく、浴衣や着物にも活用できて便利です。単に片結びや蝶結びをするより、ずっと格好良く決まります。地元のお祭りに向けて、ぜひ法被の着方をマスターしてください。
どこで販売しているか分からない、という方は、最近ではインターネット販売で法被を販売していますので是非利用してみてください。

日本独特の「法被」を楽しもう

夏祭りや縁日、デパートなどの大型セールや、野球観戦の応援にも使用されている「法被」ですが、これは日本独特の羽織物です。もともとは、消防団の方のユニフォーム(制服)として使用されていました。近年でも、高い梯子に乗ってパフォーマンスされている光景を目にします。外国人の方にも好評で、お土産に買っていかれる方や、販売されているものを購入し、その場で着用して観光されている風景もあります。
外国人の方が羽織ると、背が高いせいかイメージが異なりますが、日本を好んでいただけている様子に、とても微笑ましくなります。「法被」の色も豊富で原色の色合いが多く、とても目に留まり印象的に残ります。また、襟元には縦文字でチーム名や、文字等入れ込むことができます。チラっと目にした時には、興味をそそって見入ってしまうこともあります。また、女性の結髪にねじりハチマキと「法被」の組み合わせは、少し色気のある雰囲気を醸し出します。
お子様にも「法被」を羽織らせると、可愛らしく活き活きと活発なイメージになり、行きかう皆様が笑顔で和んでおられます。「法被」はただの羽織ではなく、現在の疲れている日常に活気と風情をもたらしてくれるものではないでしょうか?皆様で「法被」を揃えて、風情のあるひと時を共有なさると、見る者を魅了し、広がりをもって華やかになるはずです。この機会に是非、日頃の日常から抜けて、活発にストレス発散しながら楽しんでみましょう。販売は、インターネットでの販売もありますのでご利用下さい。


法被を販売しているサイトはこちら
法被を販売しているサイトをお探しの方はこちらをチェックしてください。人気のデザインから古典的で風情のあるものまで幅広く揃えているので、きっとあなたの好みにマッチする法被が見つかると思います。

ピックアップ

うちわ

2017年05月18日

外国人にも大人気の法被

日本では、伝統的にお祭りでは法被を身につけます。お祭りだけではなく、アイドルのライブやプロ野球…

MORE ▶

提灯

2017年05月18日

法被はオリジナルで作るのがおすすめ

法被といえばお祭りのイメージですが、その用途は意外と多種多様です。スポーツ観戦の時に着たり、あ…

MORE ▶

青い法被

2017年05月18日

法被と半纏の違い!実は違うものです

みなさんは法被や半纏って区別されてますか?今の時代では混同にされています。見た目も似てます。し…

MORE ▶

赤い法被

2017年05月18日

法被でイベントを盛り上げよう

「法被」という言葉からまず連想するのは祭りの時にそろいの法被姿で御輿を担ぐ姿でしょう。でも、よ…

MORE ▶