SiteMap

法被と半纏の違い!実は違うものです

青い法被

みなさんは法被や半纏って区別されてますか?今の時代では混同にされています。見た目も似てます。しかし、呼び名が違う以上、別物なんです。そこで今回は、法被と半纏の違いについて、説明して行きたいと思います。まず初めに、法被です。まず法被では、本来は帯がありません。紐の様な物がくっついており、前を止められるようになっています。ですので、帯がありません。次に半纏です。
半纏は帯があります。その昔では、大工さんや消防する人などが着用されていたみたいです。ですが、いつ頃からか、そういった使い分けがなく着用されたみたいです。このような違いがあります。もしかしたら、半纏を法被だと思ってた方も多いのではないでしょうか?お祭りなんかでも、よく見ると帯を巻いてたりします。これは、半纏ですね。関東では、このスタイルが多いです。
しかし、反対に関西のだんじり祭りなんかでは、法被を着用していたりもするんです。よく見てみると帯がないのです。このように、現在では、お祭りによって、祭用半纏・法被などに、区別されて使ってるみたいです。お祭りによって様々な事が分ったと思います。地域や祭によって、代々、伝統的に守られているものなのかもしれません。

ピックアップ

うちわ

2017年05月18日

外国人にも大人気の法被

日本では、伝統的にお祭りでは法被を身につけます。お祭りだけではなく、アイドルのライブやプロ野球…

MORE ▶

提灯

2017年05月18日

法被はオリジナルで作るのがおすすめ

法被といえばお祭りのイメージですが、その用途は意外と多種多様です。スポーツ観戦の時に着たり、あ…

MORE ▶

青い法被

2017年05月18日

法被と半纏の違い!実は違うものです

みなさんは法被や半纏って区別されてますか?今の時代では混同にされています。見た目も似てます。し…

MORE ▶

赤い法被

2017年05月18日

法被でイベントを盛り上げよう

「法被」という言葉からまず連想するのは祭りの時にそろいの法被姿で御輿を担ぐ姿でしょう。でも、よ…

MORE ▶